2019/6/30 日曜日

「第15回雄郡寮ガレージセール」開催される

Filed under: ブログ — admin @ 12:04:00

               愛媛県更生保護会施設長 松田辰夫
 松山市土居田町における初夏の恒例行事である「第15回雄郡寮ガレージセール」が,去る5月26日(日),愛媛県更生保護会(通称「雄郡寮」)の駐車場,地域交流室及び会議室を会場に,盛大に開催されました。
 このガレージセールは,「雄郡寮と地域の住民との交流を深め,誰もが心豊かに生き,安全な地域社会づくりを目指す。」というコンセプトの下で,当保護会及び松山地区更生保護女性会の主催により,当保護会の事業運営に協力と援助をしてくれている17の機関・団体・個人の参加を得て.バザー等を催して地域住民の方々と触れ合い,当保護会の施設運営及び更生保護に対する理解と協力を深めることを目的として開催されているもので,本年で実に15回を迎えています。
 当日は,五月の晴れ渡った青空の下で,会場の駐車場等は早朝から開場を待つたくさんの来場者で混雑し,当保護会で生活している寮生(被保護者)の立ち直りのための協力や支援等は,このような地域住民の温かい支えや励ましなどによって成り立っていることを強く実感することができました。
 午前9時30分から来賓6人の御挨拶がなされた後,地元の雄新中学校吹奏学部54人による演奏(「平成メガヒットコレクション」,「パブリカ」等3曲)と,本年度から参加されたのぞみ保育園の園児たち19人の踊り(「子ども八木節踊り」)でオープニングして開場となりました。そして,多くの来場者でにぎわう中,善意の,更生保護を支える熱意にあふれた各層の人々による多彩な催事等が行われましたが,その模様を一言で表現すれば,それは,地域に支えられ,地域に根ざした活動が展開されたということであり,地域との共生を実現する上からも,大変有意義なものになり,午後1時30分に盛況のうちに終了しました。
 なお,全寮生19人中の11人がグループに分かれ,駐車場案内及びビンゴゲーム等の応援スタップとして参加しましたが,それぞれ熱心に来場者に対して案内や景品の配付などを行っていました。これらの寮生は,こうした活動を通じて懇切な言葉遣いやマナーを守りながら嬉しそうな表情で対応しており,一人ひとりが地域に受け入れられていることをしっかりと身近に感じ,自立更生に向けた大きな励みになったものと思われます。
 また,今回,初めて来場者からアンケートを取らせていただきましたので,そのうちの幾つかについて,当保護会の広報誌「雄郡寮たより」(第49号 令和元年7月1日発行)に掲載したところです。
 ちなみに,前記のコンセプトは,本ガレージセールの基本理念を更にわかりやすくするため,昨年度(平成30年度)からチラシの中に刷り込んでいるものですが,このことはまた,現在,法務省保護局を中心に議論が行われている「更生保護事業の在り方の見直し」(なかんずく,「更生保護の地域連携の拠点となる方向性」)に関連して言えば,本ガレージセールの会場に充てた地域交流室や会議室等では,そのほかに,地域における保護司会,更生保護女性会,BBS会,協力雇用主会,就労支援事業者機構等の会議や研修会,勉強会,ミニ集会その他の行事等の開催等をはじめ,司法修習生の見学等が行われているなど,更生保護関係機関・団体等との連携・交流を図り,意見を交換する場となっており,当保護会は,正に,「地域連携の拠点」となっていると言っても過言ではありませんことを申し添えます。

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.342 sec. Powered by WordPress ME