2019/8/28 水曜日

みんなのひまわりロード

Filed under: ブログ — admin @ 19:06:32

              愛媛県更生保護会施設長 松田辰夫
 当保護会には,施設の南側に隣接する道路に沿って東西に約76メートルのフェンス(高さ約1.2メートル)が設置されていますが,その内側に,ほぼ同じ長さの花壇(幅約1.2メートル)が整備されています。
 ところで,その花壇には,たくさんのツツジが植えられているところ,本年6月から7月にかけて,それらツツジの間に74本もの見事な「ひまわり」が咲き誇りました。そのうち,最も茎の長いものは,何と3.4メートルもあり,頭花の中央部分の直径は24センチメートル,50枚の花びらのうち最長のものは7センチメートルありました。
 このような「ひまわり」をその花壇に植えることとなったいきさつなどについて紹介しますと,当保護会所在の松山市土居田町で活動している松山地区更生保護女性会土居田支部(会員数66人)の熊谷雅子支部長(73歳)からの提案に基づいて,本年5月から,同支部会員のほか当保護会の職員及び寮生(被保護者)が一緒になって土を掘り起こし,肥料をやり,種をまき,その後定期的に共同して草取りをし,頻繁に寮生が水やりをするなどして,大切に育てて咲かせてきたものです。
 つまり,熊谷支部長は,長い期間にわたって当保護会に関わっているうちに,その花壇に「ひまわり」を植えたいと考えるようになりました。そこで,昨夏来,当保護会の「ふれあい農園ひまわり(雄郡寮)」における農園作業において,同支部会員とともに,職員や寮生と力を合わせて野菜や花などを育ててきた経験と実績を生かし,この際,更生保護のシンボルマークである「ひまわり」を植え,「ひまわり」が咲いている環境の中で寮生に立ち直りの日々を過ごしてほしい,そしてまた,彼らを応援する地域であってほしいとの願いを込めて実行に移そうと提案されたのでした。
 そうした「ひまわり」を育てていく過程で最も気を配ったことは,猛暑の中で,せっかく芽生え成長した「ひまわり」を枯らさないようしっかりと水やりを行うことはもとよりでしたが,度重なる台風の接近・通過に備えて,大きく茎が伸びた「ひまわり」が折れたり,倒れたりすることのないよう,支柱を立て,綱を張るなどしたことでした。これらの一連の作業は,竹田廣見補導員(77歳)の指導の下で,多くの寮生が進んで取り組んでくれました。青空に向かって,元気に大きく伸びていく「ひまわり」の姿に,自分たちの自立更生の姿勢を重ねるかのように,必要な作業に労を惜しむことなく積極的に取り組んでくれました。こうした献身的な行動を目の当たりにしながら,私は,施設長として,寮生の施設生活における協調的で明るく和やかな雰囲気を感じ,うれしく思うとともに,今後とも全職員と協力一致して,いわば「住み良い家庭的な雰囲気」の施設づくを目指して,その一層の充実化・拡大化を図っていくよう,努力を続けていきたいと考えました。
 そして,いつの間にか,この「ひまわり」が咲く花壇に名前が付けられました。それは,地域社会へと伸びていく,広がっていく,つながっていくという「更生保護活動」の意味を強くイメージして,「みんなのひまわりロード」と名付けられたものですが,当保護会における前記の農園作業をはじめとする施設運営に熱心に協力してくれている一方で,当保護会内の地域交流室において,毎週,仲間とともにカラオケを楽しんでいる地元の中村佐智子さん(73歳)が「ひまわりロード」と命名されたものに,私が「みんなの」を冠して決定されたものです。
 こうしてできあがった「みんなのひまわりロード」のお陰で,幾つかの大きな変化が生じました。それは,一口に言って,それまで施設の前の道路をただ歩いて通って行くだけであった地域の人々が,足を止めてじっくりと「ひまわり」を観賞したり,振り返って「ひまわり」を眺めながら通行したりなどすることが多くなったことです。つまり,「ひまわり」を見ながら施設の建物をも見てくれて,その存在を知ろうとしてくれており,このため,地域住民の方々との距離がぐっと縮まった感がありました。
 さらに,もっと顕著な例を紹介しますと,7月1日(月)のことですが,当該道路上で初老の御婦人がお孫さんと思われる1歳ぐらいの男の子を抱っこして「ひまわり」を見物していたので,私が声をかけると,「向こうの方に住んでいますが,こちらで「ひまわり」が立派に咲いているという話を聞いて,この子に見せてやりたくてやって来ました。素晴らしいですね。背丈の低い「ひまわり」は良く見かけますが,こんなに背丈が高く,大きな「ひまわり」は初めて見ました。何よりも元気なのがいいですね。この子も元気に育ってほしい・・・・・・。これから全部が咲くのが楽しみですね。」と話してくれました。また,同日には,松山市内の中心街において,約400人の更生保護関係者らが参加して,第69回の“社会を明るくする運動”の街頭宣伝パレードが行われましたが,その際に,愛媛県更生保護女性連盟の近藤直子会長(68歳)が当該「ひまわり」1本を手に持って行進をされ,多くの通行人から注目を集めると言ったことがありました。
 そのほか,7月の中旬になって,近隣ののぞみ保育園の園児23人が先生方に連れられて写生大会の準備のために見学に来られ,施設周辺にかわいらしいにぎやかな声などが盛んに上がっていたことがありました。また,アマチュアの画家がわざわざスケッチをしに来られて,見事なデッサンを描いてくれて,前記の園児たちの写生とともに前記の地域交流室に展示してくれたことなどがありましたが,このようなことは,「ひまわり」が咲いていなかった当時(前年度以前)には,全く考えられなかったことです。
 最後に,更生保護施設の存立や運営のためには,地域住民の理解と協力を得なければ十分な効果を挙げることができないと言われ,もとよりそのとおりですが,そうした地域住民の理解等を得ることは,この度の「みんなのひまわりロード」の開設に見られるように,更生保護事業を行う関係者の工夫と努力によって,何とでもなるものであり,したがってまた,必ず実現するものであることを付言しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 1.588 sec. Powered by WordPress ME