2018/7/12 木曜日

平成30年度職員研修会(第1回)が実施される

Filed under: ブログ — admin @ 15:55:11

                 愛媛県更生保護会施設長 松田辰夫
 最近における更生保護事業は,「現行の更生保護施設の枠組みが構築された頃と比較して、多様かつ高度な役割が求められるようになり、その活動は難しさを増している」(平成29年12月閣議決定「再犯防止推進計画」による。)ことなどから,その在り方について全面的に見直しがなされるに至っているなど,更生保護事業は,かつてない大きな制度変革がもたらされようとしています。そのため,私たち更生保護及びその活動に携わっている者は,時代遅れとならないよう,問題意識をもって時代の動向を見極めつつ,時代の課題を捉え,あるべき姿の実現を目指して,組織を挙げて勉強会や研修会等に取り組むとともに,職員一人ひとりがたゆまずに自己研さんに励まなければなりません。
 こうしたことから,愛媛県更生保護会では,去る6月11日(月)午後3時から午後5時まで,松山保護観察所会議室において,2人の講師をお招きし,二つのテーマによる「平成30年度職員研修会(第1回)」を実施しました(なお,職員研修会は,本年度においても前年度同様,年間2回計画しています。)。
 本研修会には,当保護会及び松山保護観察所の職員が合計8人参加し,現下の更生保護事業を取り巻く重要かつ喫緊の課題について熱心に受講し,活発な質問がなされました。
 まず,一つのテーマは,前記の「再犯防止推進計画」に関するもので,松山保護観察所の藤本健一氏(企画調整課長)による講義が行われました。
 同講義では,「国の再犯防止推進計画に掲げられた事項等の概要」及び「更生保護事業を取り巻く現状等」の二つの資料を活用して,「再犯防止推進計画」の概要及び更生保護施設に関係する部分などを具体的に,分かりやすく説明していただき,再犯・再非行防止の中核をなす更生保護事業が,変化する時代の要請に対応していくための方向性をしっかり把握する上で大変勉強になりました。とりわけ,実務家としての私の関心を呼んだのは,「同計画」における「Ⅱ 今後取り組んでいく施策」のうちの「第3 保健医療・福祉サービスの利用の促進等のための取組」の事項中の「1 高齢者又は障害のある者等への支援等」及び「2 薬物依存を有する者への支援等」でした。というのも,これら二つの支援等のうち,前者は,高齢者・障害者の再犯率が高いことに鑑み,現在,当保護会が施設の総力を挙げてその受入れを促進し,福祉的支援の積極化に取り組んでいるところ,今後,支援等の内容など一層の充実を図っていかなければならないものであり,また,後者は,薬物使用により何回刑罰を受けても犯罪を繰り返しているという,事の重大性に鑑みるとき,当保護会が将来の薬物処遇の実施に向かって,今後,積極的に取り組んでいかなければならない極めて重要な課題だからです。
 次に,もう一つのテーマは,元松山市南部地域相談支援センターの今村高博氏(相談支援専門員)(現社会福祉法人あゆみ学園児童発達支援管理責任者)にお願いし,「触法障害者支援の現状と課題」と題して,知的障害や触法の知的障害者等の理解のための知識・情報から支援方策の実証的な五つの事例とそれらの問題点を踏まえた今後の課題まで,専門的な見地から講義をしていただきました。
 同講義では,今村氏は落ち着いた中にも熱のこもった口調でお話をされ,参加者全員が今村氏の障害者支援にかける真摯な態度と強い熱意に感銘を受けました。このほか,「知的障がい者の理解及び支援について」(講師作成に係るレジュメによる。以下「 」内につき同じ。)として,実務上必要な「知的障害者の理解」,「知能による分類~程度別判定指標より~」,「知的障害者と接する時の配慮」などにも触れていただきました。
 以上のように,最近,冒頭に述べた「再犯防止推進計画」と,その根拠法律である平成28年12月の「再犯の防止等の推進に関する法律」(平成28年法律第104号)の施行に伴って,「更生保護事業の在り方の見直し」についての議論が行われている中で,私たちの仕事(更生保護事業)がどのように変化し,又は移行しようとしているのかを学び,考える良き機会になり,また,再犯防止上はもとより処遇上も著しく困難を伴う知的障害者及び知的障害者に対する接し方に関する正しい理解と認識を深めることができ,大きな成果を挙げることができたものと考えています。その意味で,二つの講義とも,大変有意義な内容であたったと参加者から高く評価されるものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.538 sec. Powered by WordPress ME