2018/4/29 日曜日

ここに来て良かった

Filed under: ブログ — admin @ 11:16:03

                    愛媛県更生保護会施設長 松田辰夫
 私は,愛媛県更生保護会内に設けられた職員宿舎に住んでいます。
 去る2月18日(日)午前9時45分頃,青空が広がって気持ちが良かったので,歩いてスーパーに買い物に行こうと寮の玄関前を通りかかったところ,庭木の手入れをしている模様が見受けられたものの,人影が見えなかったので,「誰が行っているのだろうか。」と不審に思いながら歩いて行きました。すると,前方から寮生のKさん(60歳代後半。糖尿病治療中。)が仕事着姿で近づいて来たので,「おはようございます。もしかしたら,Kさんが庭木の手入れをしてくれているのですか。」と尋ねたところ,「施設長,おはようございます。当直の先生に許可をもらったので,やらしてもらっています。作業中にトイレに行きたくなりましたが,仕事着のままで寮内に上がるわけにもいかず,近くの公衆トイレに行って来ました。」,「しかしまた,どうして・・・・・・。」,「天気がいいし,以前から気になっていたので,少しやらしてもらっています。しょうもないことしかできませんが・・・・・・。私はこれまで家族に随分と迷惑をかけたし,いやな思いをさせてきたし,また,いろんな人たちの信頼を裏切ってきました。私はしょうのない悪です。ところが,ここ(当更生保護会の意)に来て,暮らして,そんな自分を反省することができました。もう一度やり直そうという気持ちになれました。ただで住まわせてもらい,ただで食事を食べさせてもらって,本当にありがたいことです。だから,何か役に立てることはないかと思いまして・・・・・・。しょうもないことしかできませんが・・・・・・。」と言うのです。私は,思わずうれしくなりました。実は,彼は,詳細は省略しますが,過日,在会後間もない高齢で知的障害を有する寮生が行方不明になり,幸い発見されて帰寮した後も,食事をのどに詰まらせたり,深夜に廊下に尿を漏らしたりなどしたときに,何かと親身になって世話をしてくれた人です。私が「すみません。ありがたいです。」と感謝の言葉を述べると,「私がよろこんで勝手にやらしてもらっているので,そんなに気を使わないでください。」と答えてくれたので,「ありがとう。御好意に甘えます。それでは,よろしく願います。」と言って,私は買い物に出かけました。すべての寮生が彼のように過去や犯罪に対する反省心を持ち,更生保護に対する感謝の念などを持っていることを期待したいところですが,現に,彼のように,「ここに来て良かった。」,「今度こそ立ち直りたい。」と真剣に考えてくれている寮生がいることは,施設長として本当にうれしくてなりません。この仕事をしていて本当に良かったと思えるひとときでした。多くの被保護者が寮生としてこの更生保護会で一定期間生活して就労し,更生を遂げて無事に社会に復帰することを願うばかりです。そして,この日のKさんのことを全職員に周知し,こうした更生保護の仕事の素晴らしさを共有し合って,全職員が協力一致してさらなる更生保護の諸活動を行っていこうと思った次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

HTML convert time: 0.420 sec. Powered by WordPress ME